2017/8/1
北海道限定の「とうきびワゴン」って知ってる?

子供のころ、夏祭りの屋台で焼きトウモロコシを買って食べる……なんて思い出を持つ人は

多いのでは?

そんな懐かしい経験をもう一度!

大人になった今でも人の目を気にすることなくできる場所が、なんと札幌の中心にあるんです!

 

さっぽろテレビ塔があることでも有名な大通公園にて、例年4月末~10月上旬に出店される

「とうきびワゴン」。ここでは北海道名産のトウモロコシを販売しており、その場で食べることができるんです。

青い屋根が可愛らしい「とうきびワゴン」の周りは、いい香りが漂います

「とうきび」とは、北海道の言葉でトウモロコシのこと。

トウモロコシの甘味と食感をダイレクトに味わえる「ゆでとうきび」と、甘辛いタレと焦げの香ばしさが食欲をそそる「焼きとうきび」の2種類があります。

「どちらも食べたい!」という方には、ゆでとうきびと焼きとうきびが半分ずつ入った「ハーフ&ハーフ」がおすすめ。

甘さがギュッと詰まった北海道のトウモロコシは、やっぱり格別!

大通公園のベンチに腰掛け、開放的な雰囲気の中で北の大地の恵みを味わえるということで、

例年大人気。

早速、とうきびをいただきます!

まずは、ゆでとうきび。一粒ひと粒が弾けてジューシー、トウモロコシの甘みが口いっぱいに広がり、幸せな気分に♪

次は焼きとうきびにパクリ!こちらは意外とサックリした食感。焦げたタレの香ばしさが、さらに食欲を掻き立てます。

トウモロコシの甘さを存分に堪能できるゆでとうきび、甘みと香ばしさの説妙なハーモニーを楽しめる焼きとうきび……これは、どちらにしようか思わず迷ってしまいそうです。

北海道産のジャガイモを蒸した「じゃがバター」も販売されています!

大通公園は東西に1.5kmの長さにわたって広がる長い公園。

とうきびワゴンを探すのにも一苦労なのでは?と感じるかもしれませんが、さっぽろテレビ塔がある大通西1丁目や地下鉄「大通駅」に近い大通西4丁目付近に出店していることが多いので、このあたりを探してみましょう!

ただし、雨天時はお休みなので、天気予報は要チェックです。

 

施設情報/アクセス

大通公園

住所:札幌市中央区大通西1~12丁目

※とうきびワゴンは大通西1丁目か4丁目辺りによく出店されます

※例年5月の連休前~10月初旬の期間限定

 

札幌グランドホテル
札幌の中心部に位置し、レジャーにもビジネスにも絶好のロケーション。1934年の開業以来「北の迎賓館」として歴史と伝統を守り、日本を代表するホテルのひとつとして常に最高のおもてなしを追求しつづけています。
GRANVISTA 施設一覧